タグ : 18ホールスループレー

18ホールスループレー

欧米豪州でゴルフをした人はアウトとインの中間で昼食休憩を取った経験はないはずだ。通常アウトからスタートして9番を終わり、トイレかショップに用事がない限りクラブハウスに戻ることはない。9番と10番がクラブハウスから離れていることも多いから、トイレはプレー途中で用を足し、お腹が空いたら持参したサンドイッチ、バナナ、チョコレートなどを食べる。移動売店車が回ってきたら買って食べればいいし、愛想の良い売り娘が来たら無理して買って食べても良い。ゴルフはハイキングと同じだから、プレーしながらモノを食べてもエチケットやマナーを問われることはない。アリゾナ当たりでゴルフをするときは、5リットルくらい水を用意しないと生きては帰れない。料金を払ってスタートしたら、後は全て自己判断・自己責任でプレーするのが国際標準のゴルフスタイルなのだ。スターターは「グッドラック」と一言いうだけで、後は一切干渉することはない。

 

9ホールで1時間休憩し、酒を飲んだりご馳走食べたりして残り9ホールをプレーし、終わったらゆっくり風呂に入る「お座敷ゴルフ」は、日本固有のゴルフスタイルなのだ。日本のコースでは9ホール終わって調子が良いからこのままプレーを続けたいといってもほとんど許されない。問答無用で午後のスタート時間を告げられ、最低40分から1時間の休憩を申し渡される。だから日本のゴルファーは18ホールスループレーする体力も気力も備わっていない。一世代前のボビージョーンズの時代には、一日36ホール競技をしていたから18ホール終わって休憩と食事を取らないと体力が持たなかった。最近は9ホールで充分という人も出てきたが、現代人はそんなに体力が落ちたのだろうか。これは体力の問題より習慣の問題だ。欧米豪州でゴルフをする場合、日本人といえども18ホールスループレーが原則だから、疲れて休みたければ後続組に「少し休みたいので、お先にどうぞ」といえば気持ちよくパスしてくれる。実際には海外のゴルフコースで、途中疲れて休んでいる日本人ゴルファーの姿を見たことがない。疲れるどころか日本でプレーしている時より遥かにハツラツとした姿で、雨が降ろうが雷が鳴ろうが早朝から日没まで頑張っている。だから日本人は現地の人から「カミカゼゴルファー」と囁かれている。

 

日本固有の「お座敷ゴルフ」がいつから定着したか良く分からないが、私自身も外国人に指摘されるまで気が付かなかった。ただ周りがそうしていることと食堂売上を伸ばすためであることだけは解っていた。その国固有の習慣や環境を常識として受け入れていること自体をガラパゴス化というのではない。ガラパゴス化というのは、その常識が国内でも通用しなくなり絶滅の危機に瀕したとき初めて使われる表現なのだ。やがて「お座敷ゴルフ」を懐かしく思い出す時が来るのだろうが、ゴルフ場の絶滅だけは見たくない。