タグ : レッスンプロ

ゴルフ再生への道 2-05 ゴルフインストラクターの養成

ゴルフ場の合理化再編成が進んだ米国では各地に10ドル前後でプレーできるパブリックコースがいくらでもあったし、学校自体がコースを所有することも珍しくなかった。コースは公園やグランドの延長のようなもので維持費もさほど掛かるものではないから、授業やクラブ活動で使わない時間帯は一般有料公開すれば維持費も捻出できる。米国ではコースの問題よりもゴルフを正しく指導できる人材育成の方が課題となって1960年代末からゴルフインストラクターの養成が始まった。既に60年代から学校教育プログラムの開発を進めていたNGFは高校大学の教師を対象にサマーキャンプセミナーを始めたのである。

 

日本では1970年代に入って本格的なゴルフブームが起こり、多くの若者がプロゴルファーを目指して修行を始めていた。当時はゴルフ場も練習場も今よりも料金が高かったために、普通の若者がゴルフの練習をするにはゴルフ場や練習場のアルバイトや研修生になることが必要だった。中学高校を卒業して週刊誌を読みながら我流で練習し10年修行しても、プロテストに合格するものは1割程度に過ぎない。家庭環境に恵まれた若者は私立大学のゴルフ部に籍を置いて悠々自適のゴルフライフを楽しんでいたが、私が8万円程度の月給で支配人をしていた時代に日大ゴルフ部の学生は月平均70万円の仕送りを受けていた。

 

米国では既にレッスンプロという職業がなくなり、課外授業で学生を指導する高校・大学教師のゴルフインストラクターと、プロモーションとして社会人を指導するゴルフプロフェッショナルに二極化していた。つまりゴルフインストラクターの本業は学校教師であり、ゴルフプロフェショナルの本業はゴルフ場経営である。今ではデーブ・ペルツやブッチ・ハーモン、デビッド・レッドベターやハンク・ヘイニーのようなトッププレーヤーを指導するプロコーチが脚光を浴びているが、極めて少数の特殊な専門職とみられている。

 

日本のインストラクター養成は1979年から始まった。6月にサンディエゴで開催されたNGFインストラクターセミナーに日本から20名が参加し、10月に東京新宿で開催されたセミナーに日本各地から200名が参加して指導法を学んだ。このとき日本にはゴルフインストラクターという言葉もなく全てレッスンプロという言葉で表現されていたが、特に資格制度もなかった。参加者は自称レッスンプロはじめ大学教師、ゴルフ場支配人、練習場経営者など多彩であったが、講習内容は全てが目からウロコの世界であった。我流レッスンが巷に横行していただけに期待も大きかったが、80年代に入るや段々と霞ヶ関の利権に支配された日本固有の資格認定制度と対立することになるのである。

 

ゴルフプロの仕事

日本でゴルフのプロというとトーナメントプロとレッスンプロを指すが、欧米豪州カナダではクラブプロやビジネスプロを指す。ゴルフ大国アメリカには何万人ものゴルフプロがいるが、そのうちトーナメントプロはせいぜい1000人前後、レッスンプロはほんの僅かしかいない。「えっ!」と思うかもしれないが、日本のゴルフ界の構造が欧米諸国と根本的に異なる点のひとつなのだ。ゴルフの分野だけでなく、いろいろな分野で日本の特殊性が明らかになってくるだろうが、それがグローバル化の特徴でもある。今年はTPP交渉参加の是非を国民レベルで検討しなければならないが、私たち国民一人一人が自分本位や日本の国益本位で物事を判断する訳にはいかない時代が到来したということだろう。

 

幕末の時代に鎖国によって徳川幕藩体制を守ろうとした人々も、外国人を獣のように毛嫌いした人々も、そのとき世界で何が起きているのか、欧米諸国はどうなっているのか知らない人たちだった。アメリカでは独立戦争が終わり自由平等を掲げる民主国家が成立していたし、フランスでもフランス革命が終わり自由平等博愛の理念の下に共和国が成立していた。幕末の若者は吉田松陰に象徴されるように、処刑されることが分かっていても自分の目で世界を見たかったのだろう。若者の好奇心と情熱が時代を変え社会を変えていったことを思うと、日本の構造改革や規制緩和が一向に進まずどんどんガラパゴス化していくのはなぜか、まことに不思議なのである。もし日本の若者がいまの日本に満足して現状維持したいと考えているならば、それこそ天下泰平というべきで何も言うことはない。しかし現実は学校卒業しても仕事がない、結婚したくても家庭が支えられない、子供が生まれても育てられない。ましてゴルフがしたくても余裕がなくてできない。いま世界で何が起きているというのだろうか。

 

世界はいまグローバル化に向けてまっしぐらに進んでいる。ヒト・モノ・カネが国境を越えて自由に移動する時代が到来したのだ。街に出れば外国語を話している人が一杯いるし、店をのぞけば外国産の商品が一杯あふれ、銀行に行けばいろいろな外国紙幣が交換されている。やがて自分は何処の国で暮らしているか分からなくなるかもしれない。そんな世の中で日本のプロだけが日本固有の姿で存在していることを誰も疑問に感じていないようだ。欧米諸国のゴルフ場はほとんど全てプロが経営しているのに対して、日本ではプロが経営しているゴルフ場はほとんどない。ゴルフ場はトーナメントプロやレッスンプロでは経営できないから、欧米諸国では大学やビジネススクールでクラブプロやビジネスプロを養成している。欧米諸国はどうなっているのか知らないとすれば、日本のゴルフ界の人たちは幕末の人たちとなんら変わらないことになってしまう。