ゴルフの国際化

スポーツの世界はどんどん国際化し、日本の国技である相撲さえも開放政策を採らざるを得なかった。その結果、蔵前国技館に日本人の優勝力士像がなくなった。しかし、やがて世界中から力士を目指して人材が集まり、世界中に大相撲中継が流されるようになるだろう。日本固有の文化を求めて世界から人が集まり、その情報がまた世界に流されていく。世界の人々は髷を結って着物を着こなし、礼儀正しく振舞う姿にサムライの文化を見るかもしれないし、武士道精神を理解するかもしれない。既に柔道は世界に広まりオリンピック種目までなっているが、日本の武道は世界の人々にとっても魅力あるスポーツ文化として受け入れられたからに違いない。武道だけではなく茶道も華道も世界中に広まっているが、日本の文化として広まったことが素晴しい。

 

ご承知のとおりゴルフはスコットランドに発祥し、アメリカはじめ世界に広まった。欧米カナダ豪州には文化として広まったが、日本には商業娯楽として広まり文化の香りが消えてしまった。日本の若者はゴルフに余り関心を持たなくなってしまったが、日本のゴルフの姿に文化性より不健全性を見てしまったからではないだろうか。「贅沢ゴルフ」「接待ゴルフ」「会員権破綻」など、若者の判断のほうが正しい。もしそうだとすると、日本のゴルフに文化性を回復させるには相当の時間と努力を必要とする。若者の目に魅力的に映るには見せかけの文化ではなく本物の文化でなければならない。それは理屈ではなく感覚的な魅力だから、衛星放送などによって世界の檜舞台で展開される国際試合を観ることによって変化するかもしれない。日本の選手が国際試合で活躍する姿は何よりも効果があるが、そのとき日本の選手が欧米諸国の選手に見劣りするようでは逆効果だ。身長や飛距離の問題ではなく風格や品格の問題なのである。

 

日本には長い歴史と伝統に支えられた固有の文化がある。その文化を創ってきた日本人を支えているものは武士道精神といわれ、日本人の風格や品格を形成してきたともいわれている。ゴルフが国際化していく中で、日本のゴルファーが欧米諸国のゴルファーに堂々と伍していくには、武士道精神で武装するのが手っ取り早い。なぜならば欧米諸国のゴルファーは騎士道精神で武装しているからである。武士道精神は一級の風格と品格を備えているから、世界中どこに行っても通用する。日本のゴルフには風格も品格もなくなってしまったが、日本のゴルファーはいつでも武士道精神によって風格や品格を備えることができる。野球やサッカーはサムライを名乗って国際試合に臨んでいるのだから、ゴルフもやがてサムライを名乗って国際化に臨んで欲しいものだ。

 

ゴルフプロの仕事

日本でゴルフのプロというとトーナメントプロとレッスンプロを指すが、欧米豪州カナダではクラブプロやビジネスプロを指す。ゴルフ大国アメリカには何万人ものゴルフプロがいるが、そのうちトーナメントプロはせいぜい1000人前後、レッスンプロはほんの僅かしかいない。「えっ!」と思うかもしれないが、日本のゴルフ界の構造が欧米諸国と根本的に異なる点のひとつなのだ。ゴルフの分野だけでなく、いろいろな分野で日本の特殊性が明らかになってくるだろうが、それがグローバル化の特徴でもある。今年はTPP交渉参加の是非を国民レベルで検討しなければならないが、私たち国民一人一人が自分本位や日本の国益本位で物事を判断する訳にはいかない時代が到来したということだろう。

 

幕末の時代に鎖国によって徳川幕藩体制を守ろうとした人々も、外国人を獣のように毛嫌いした人々も、そのとき世界で何が起きているのか、欧米諸国はどうなっているのか知らない人たちだった。アメリカでは独立戦争が終わり自由平等を掲げる民主国家が成立していたし、フランスでもフランス革命が終わり自由平等博愛の理念の下に共和国が成立していた。幕末の若者は吉田松陰に象徴されるように、処刑されることが分かっていても自分の目で世界を見たかったのだろう。若者の好奇心と情熱が時代を変え社会を変えていったことを思うと、日本の構造改革や規制緩和が一向に進まずどんどんガラパゴス化していくのはなぜか、まことに不思議なのである。もし日本の若者がいまの日本に満足して現状維持したいと考えているならば、それこそ天下泰平というべきで何も言うことはない。しかし現実は学校卒業しても仕事がない、結婚したくても家庭が支えられない、子供が生まれても育てられない。ましてゴルフがしたくても余裕がなくてできない。いま世界で何が起きているというのだろうか。

 

世界はいまグローバル化に向けてまっしぐらに進んでいる。ヒト・モノ・カネが国境を越えて自由に移動する時代が到来したのだ。街に出れば外国語を話している人が一杯いるし、店をのぞけば外国産の商品が一杯あふれ、銀行に行けばいろいろな外国紙幣が交換されている。やがて自分は何処の国で暮らしているか分からなくなるかもしれない。そんな世の中で日本のプロだけが日本固有の姿で存在していることを誰も疑問に感じていないようだ。欧米諸国のゴルフ場はほとんど全てプロが経営しているのに対して、日本ではプロが経営しているゴルフ場はほとんどない。ゴルフ場はトーナメントプロやレッスンプロでは経営できないから、欧米諸国では大学やビジネススクールでクラブプロやビジネスプロを養成している。欧米諸国はどうなっているのか知らないとすれば、日本のゴルフ界の人たちは幕末の人たちとなんら変わらないことになってしまう。

 

藤田寛之というプロ

今年度賞金王に藤田寛之(43)が輝いた。同時に世界ランキング43位をキープしてマスターズ出場権を獲得した。谷口同様、以前から注目していたアラフォー実力プロだが、ここまで来ると注目を超えて尊敬に値する。用品用具や分析機器が進化したうえ、情報が豊富になった現代は経験の乏しいスターを次々と排出する。そんな中で衰える肉体や精神をコントロールしながら経験を生かして最大限のパフォーマンスを発揮するベテランプロの味は、人生に例えられるゴルフの本質を表し、オールドファンを魅了して止まない。米国PGAツアーではフィル・ミケルソン、アーニー・エルス、ジム・ヒューリック、スティーブ・ストリッカーらがベテランプロとして上位に名を連ねる。

 

ご本人には内緒だが「よくぞあの顔であの体であのスイングで、そしてあの歳で」とびっくり仰天の連続である。藤田プロの顔はテレビや雑誌で嫌というほど見せていただいたが、お世辞にもスター性があるとはいえない。しかし弾道を追う厳しい顔、鋭い眼に妥協の余地はない。一点を見続けてきた者だけが持つ小野田少尉や杉原輝雄と同じものである。米国PGAツアーに160センチ級はほとんどいない。しかし、米国メジャートーナメントで4日間戦うには相当の技術、体力、気力が必要である。以前にPGAナショナルブラックティーでプレーしたことを書いたが、私ごとき凡プレーヤーに太刀打ちできる相手ではない。ティーショットが池を越えない、フェアウェーに届かない、ラフから2,30ヤードしか飛ばない、いくら打ってもグリーンに届かない、バンカーから容易に出ない、2パットで収まらない。七難八苦とはこのことだ。

 

私は最初、藤田プロを見てなんと不器用なスイングだろうと思ったが、注目し続けるうちに鍛え抜かれた職人の技だと思い始めた。杉原輝雄は両腕でつくられたスクウェアをトップからフィニッシュまで崩さずにスイングコネクションを保っていたが、藤田寛之は両腕でつくられたトライアングルをトップからフィニッシュまで崩さずにスイングコネクションを保っている。あのスイングをするには全身が相当鍛えられていなければ無利だ。全身のパワーが集中してボールに伝わるメカニズムは科学的に解明されていない。野球でいえば、さほどスピードはないのにホームランを打たれず、頻繁にバットを折るような重い球に近いのではないか。PGAワールドツアーは環境や気象条件の異なる世界を舞台にして試合が行われるから、どんな条件下でもコンスタントに自分のパフォーマンスを発揮しなければ勝負にならない。そのうえ言い訳は一切通用しない。

 

一般にスポーツ選手は社会行動には不器用だが身体運動には器用な人が多い。特にプロスポーツ選手は動きそのものに器用さや華麗さがあり「動けば即技」を感じさせるが、藤田寛之にはそれがない。アマチュア名手でクラブデザイナーの竹林隆光さんの師匠が「本物のゴルファーは普段決してゴルファーに見えないものだ」といわれたそうだが、その意味からすれば藤田寛之というプロは本物のプロに違いない。どんな不器用そうな動きも、鍛え抜かれた正確な反復再現性があれば、それは素人を寄せ付けないプロの技であり芸術ですらあるからだ。改めて来年は藤田寛之というプロをじっくりと鑑賞させてもらおう。

 

基本指導

「ゴルフに基本はない」。この一言は私の頭にこびりついて離れなかった。私は学生時代に「柔道」「剣道」「弓道」「合気道」「書道」など手習い程度の指導は受けていたが、いずれの道場でも師範から「守破離を大切に」といわれ続けた。
「守」とは基本を忠実に守ること。「破」とは基本を破ること。「離」とは基本を超越することと教えられた。「書道」ではまず楷書を習い、文字のカタチが整ってきたところで行書を習い、草書は当分先の話だとされた。案の定、70歳にして未だに草書は満足に書けない。基本を離れ「動けば即技」の境地に達するのは容易なことではないことは理解できた。

1970年代の日米三強といわれた六人のスイングが全く違うのは、それぞれみな基本を超越した「動けば即技」の境地に達した達人たちだったからに違いない。達人の域に達するには毎日朝から晩まで何年間もボールを打ち続け、試合という緊張場面で失敗を重ねながら挫折を乗り越えていかなければならない。もし本当に基本がないとすれば初心者はその達人の技から何を学ぶというのだろう。ところが驚いたことに、ゴルフをしたことがない子供は、実に巧みにトッププレーヤーのスイングを真似するではないか。ならばそのスイングでボールが打てるかというと、その子もやはり初心者の球しか打てない。米国の学校体育にゴルフが導入されたとき、まず最初に基本テキストや基本マニュアルが作られたことが実に良く理解できる。

「女性ゴルフ教室」の指導現場はどんな状況だったか。いわゆる主婦といわれる中高年女性が14人打席に並んで、全員7番貸クラブでボールを打っているが、中には最初からかなり強いスイングができる人もいる。おそらくテニスか何かスポーツを経験したに違いないが、ボールが打てないことには変わりない。中に全くスポーツ経験がない女性もいたが、クラブを振る姿はおしとやかで日本舞踊のお稽古に近かった。ゴルフスイングという体の動きそのものが全く分からないうえに、クラブを振り回す握力がない。しっかり振ってと激励されると、よろけて3階打席から転落しそうになる。プロはあわてて飛んでいって体を支え、跪いてグリップの握り方を丁寧に教えるが、グリップを教えるとますますスイングが怪しくなってよろける。「指導に当たって女性の体には絶対に触れてはならない」という私の厳命は全く意味を成さないものになってしまった。

それから数年後、米国NGFの指導マニュアルに「スイング動作を知らない初心者に最初からボールを打たせてはならない。最初は何も持たずに体にスイング動作を覚えさせる。次にクラブを逆さまに持ってクラブヘッドの重さを感じさせないでクラブの振り方を覚えさせる。次にボールを打たずにクラブヘッドを振る感覚を覚えさせる」と書いてあることが分かった。そういえば学生時代に友達を投げ飛ばしたくて勇んで講道館に通ったら、三ヶ月は投げ飛ばされる稽古ばかりでうんざりしたが、この基本指導をゴルフでは『ドリル』といい、柔道では『受身』といって大切にしている。

 

正統ゴルフへの道 2

サンケイ学園と提携して女性ゴルフ教室を開催することになったが、最初から定員14名が一杯になった。問題は10回のカリキュラム編成と使用テキスト、二人の担当プロの指導法を統一することだ。早速二人のプロにこの点を質したところ、二人揃ってニヤニヤしながら「若い支配人はいいね」と冷やかされた。ゴルフに基本はないから一人一人みな指導が違うし、カリキュラムやテキストなんかあるはずがないという。この一言で全身の闘争心に火が着いた。そんなはずはない。芝ゴルフ教室を訪ねた。赤坂・瀬田モダンゴルフ教室を訪ねた。日本プロゴルフ協会名誉会長・浅見録蔵師匠にも尋ねた。答えはみな同じ、オタクの二人のプロの言うことが正しいと。ウーム・・・。ここから私の果てしないゴルフ探求の旅が始まることになった。1971年29歳のときである。

 

当時米国ゴルフ界はアーノルド・パーマー、ジャック・ニクラウス、ゲーリー・プレーヤー三強の全盛期であり、日本ゴルフ界は杉原輝夫・青木功・尾崎将司の三強時代を迎えていた。勝負強いこと、人気が高いことではいずれも甲乙つけがたいが、この六人のスイングの何処を真似すれば良いのか。まして、これからゴルフを始める女性14名は何を参考にしたらいいのか。二人のプロの経験に全てを任せる以外に私には手も足も出せない。二人の教え方は違うから14名を二班に分けるか、別々のクラスを担当させるしかない。確かにウチの二人のプロのスイングも100メートル先から一見して見分けられるほど違う。この二人が同じ人たちを交互に教えたら習う方が混乱するに決まっている。私は納得いかないまま彼らの指導に頼るしかなかったから、第一回生は先輩プロが主任コーチとなり、後輩プロが助手を務めることになった。そうすれば第二回生は後輩プロが担当しても第一回生と大きな違いは出ないかもしれない。教室開校に当たって挨拶したものの「コースに出られるまで頑張ってください」という以外に語る言葉もなく、新米支配人にできることは精一杯お愛想を振りまくことだけだった。

 

その頃米国では学校体育ゴルフが着々と浸透しつつあり、全米統一テキストやテキストに沿った指導マニュアルが次々と完成していた。中学高校大学の体育教師やクラブ監督が、多くの生徒たちを統一テキストを使って指導していたのである。悪戦苦闘する私は、地球の裏側で合理的な近代ゴルフ指導が始まっていることなど全く知らず、あいも変わらずゴルフレッスンはこれで良いものか尋ね歩いていた。誰もがこれで良いとは思わないが、プロにしてみれば自分の経験と勘で教える以外に方法がなかったのである。なぜならばプロ自身が誰に習うこともなく我流でゴルフを覚え、ひたすら球を打ってプロになったのだから仕方がない。私が米国の教育プログラムの存在を知ったのが1975年だから、正統ゴルフに出会うのに、それから更に多くの歳月を要したことは当然と言える。

 

正統ゴルフへの道 1

大学を卒業してからゴルフを始めた私は、生涯一度も正式にゴルフを習ったことがない。会計法律事務所を辞めてゴルフ練習場の支配人になった私が最初に手がけた仕事は『月例競技会』と『ゴルフ教室』を開くことだった。練習場の役割は「上達したい動機付をつくること」と「正式なゴルフを教えること」だと考えたからだ。練習場でいくらボールを打ってもコースで正式なゴルフゲームをしなければゴルフプレーヤーにならない。正式なゴルフゲームとはルールに則った競技会に参加することだが、練習場ゴルファーには競技会に参加する機会がない。いつの時代も会員権を買ってクラブメンバーになる人は全体の2~3割程度にすぎないから、ほとんどのゴルファーが競技会に出る機会もないまま練習場に通って打ち直しの練習をしていたのである。

 

例えばバッティングセンターに通ってバッティングの練習をし、塀に向かってボールを投げてキャッチする練習をしても、野球というゲームに参加しなければ本当のベースボールプレーヤーにはなれない。壁に向かってテニスボールを打っている人も、実際にコートで相手とボールを打ち合ってはじめてテニスプレーヤーに成長する。相撲も四股を踏んだり柱にぶつかるだけでは相撲取りにはなれないし、それを一人相撲という。練習場でひたすらボールを打っている人を見ていると、バッティングセンターや壁テニス、一人相撲に汗を流している人と重なって、何とかしなければいけないと思い始めた。自分も支配人を引き受けたからには、正式にゴルフを学ばなければいけないと思って学校を探してみたが、東京でも芝の女性ゴルフ教室、赤坂と瀬田の陳清波モダンゴルフ教室ぐらいで学校といえるものはなかった。それまで英語、柔道、書道、会計、法律いずれを学ぶにも、テキストがあり教師がいて基本から順序良く指導してくれたものだ。ゴルフも奥が深いし難しいから、当然のこととして専門学校があり基本体系指導してもらえるものと思ったのである。誰に聞いても専門学校どころか、ゴルフは習うものではなく慣れるものだという。「そんな馬鹿なことはないはずだ」と思ったのが運の尽き。ゴルフの基本体系をまとめるのに30年の歳月を要するとは、その時点では夢にも思わぬことだった。

 

月例競技会を始めてまずルールの勉強から取り組んだが、次にすぐハンディキャップの問題が浮上した。公平適正なハンディキャップを算出するには正式な計算規定に従わなければならない。USGAハンディキャップマニュアルを読んでスコア台帳を作成し、練習場を閉めた後、そろばんを使って一人一人ハンディキャップ計算をするのは時間のかかる仕事だった。過去のスコアデーターから規定数の直近上位ディファレンシャルを検索し、その平均値の96%を整数にしてハンディキャップとする計算規定は、コンピューターには優しいがそろばんには厳しい。1970年代に入って米国は既にコンピューター社会が始まり、科学技術ゴルフの探求が始まっていたことを知るのは、それから大分経ってからだ。

 

自己責任

小中学生の頃は何かに付け「人のせいにするな」、高校大学の頃は「怪我と弁当自分持ち」と言われ続けてきた。当時は余り意味が分からず当たり前に受け止めていたが、今になって振り返ると常に「自己責任」を問われ続けていたのかなと思う。小学校低学年の頃は小田急線上り下りとも30分に一本しか多摩川鉄橋を通らなかった。登り電車が通過した後、悪ガキ3人で鉄橋を渡り始めたところ中間地点に来て、レールからカタンコトンという車輪の音が聞こえ始めた。振り返っても電車の姿は見えないが、間違いなく電車はこちらに向かってくる。想定外の出来事に一刻も早く鉄橋を渡りきる以外に手はないと、脂汗を流しながら枕木を一本一本踏みしめるが、歩くには丁度いい歩幅が急ぐといささか狭く足を踏み外しそうになる。それまで何とも思わなかった眼下の多摩川の流れが急に恐ろしく思いはじめた。とうとう渡り切らないうちに追いつかれてしまったのだが、想定外の電車は妙な格好をした巡回修理車だった。脂汗を流して鉄橋にしがみついている悪ガキに向かって運転手は「死んだらどうする!」と一言叱りつけて行ってしまったが、当時の大人は全員が戦災を生き延びた人だから、子供に対しても自分の命は自己責任で守れと叱ったのだろう。

 

OBを打つと「フェアウェイが狭すぎるよ」、バンカーからホームランすると「砂が入ってないよ」、3パットすると「グリーンが悪いなあ」、スコアが悪いと「トリッキーなコースだなあ」全てコースのせいにしたいのが人情だ。ゴルフでは失敗の言い訳がゴマンとある。「打とうとしたら人が動いた」「一緒に回った人のマナーが悪くて」「キャディが新米で」「後ろの組に打ち込まれて」「前の組が遅くて」などは、人のせいにした言い訳。「新しいクラブが合わなくて」「Sではシャフトが硬すぎて」「いつも使うボールじゃないので」「今日のグリーンは自分に遅すぎて」「ディボットだらけで」などは、道具やコースのせいにした言い訳。「最近練習していないから」「仕事が忙しくて」「昨晩遅かったので」「少々バテ気味で」「歳のせいかアチコチ痛くて」などは、自分自身の言い訳。そんな言い訳だれも聞いちゃいないし自己責任にもならない。

 

言い訳を言うのはまだ良いほうで「ボールを頻繁に動かす」「ドロップしないで放り投げる」「ピックアップしたボールを元の位置に戻さない」「打順を守らない」「OKパットはノーカウント」などは、違反の意識すらないから言い訳もない。最もタチの悪いのは承知のうえで黙々と違反をする人だ。誰も見ていないと「ライを改善する」「ボールを動かす」「替え球を打つ」「ハザードにソールする」「ストロークをゴマかす」などは、自己責任とはいえ人間性を疑われ信用すら失う。
子供なら「一生疑われたらどうする!」と厳しく叱ってくれる大人がいるだろうが、大人になると誰も叱ってくれない。全てを「自己責任」として一身に背負わなければならないとは、実に重いペナルティーだ。

 

セルフプレー

セルフプレーは人間の文化だと思う。論語に「小人閑居して不善をなす」とあり、聖書に「義人はいない一人もいない」とあるように、どうやら人間の本質はイイカゲンらしい。そのイイカゲンな人間に審判を付けずに自己責任でマジメにプレーせよというのがゴルフの本質である。私自身ゴルフを始めて間もなく自分に内在するイイカゲンさを思い知らされた。自宅の裏にあった米軍コースに頼んで早朝練習をさせてもらっていた頃、一人でプレーしていると「アッ、この一打はなかったことにしよう」「コレ、ノーペナでいいよな」「今のは本来の自分じゃない」。次から次へとゴマカシとイイカゲンが連鎖して、ついには自己嫌悪に陥ってしまった。論語や聖書に書いてあったことは訓戒ではなく事実だったのである。

 

ゴルフがなぜセルフプレー・セルフジャッジを原則とするのか研究するうちに段々とキリスト教プロテスタント思想に基づくからだと分かってきた。自分を含めて誰もが、人はごまかせても神をごまかすことはできない。人間は誰もが全知全能の神の前に一人で立って清廉潔白を証明することはできない。セルフプレー・セルフジャッジは神の審判のもと、自分自身がフェアにプレーすることを前提に成り立っている。それを知ったら誰もが「コワッ!」と思うはずだ。
セルフプレーではティーショットとパット以外、ほとんど誰も見ていないところでプレーする。ボールが多少動いても、多少動かしても自分と神さま以外は誰も分からない。その自分と神さまが協同審判を勤めるルールになっているのがゴルフゲームなのである。公式競技のように自分を監視するマーカーや競技委員がいないセルフプレーでは、スコアをゴマカシてもイイカゲンなルール裁定をしても、同伴競技者はお互いの自己申告スコアを受け入れざるを得ない。
「おかしい」と思っても、ほとんどの人が黙って受け入れるのは、言い争って自分のゴルフを台無しにしたくないからである。ズルイゴルファー、イイカゲンゴルファーは仲間うちで有名だが、本人だけは自覚もなく自分はマジメゴルファーと思っているところがコレマタ実にコワイ。

 

セルフプレーがまともにできない人は恐らく普段の生活もイイカゲンでゴマカシが多いに違いない。だからそういう人とは余り深く係わらない方がいいし、ビジネスはしない方がいい。あとできっと後悔する。セルフプレーにはそれほど重い意味があるのだから人件費節約とか経営合理化という経営サイドの都合や、サービス低下とかパブリック化という顧客サイドの視点で判断してはならない。ゴルフに対する姿勢はその人の人生に対する姿勢そのものだから、プレー姿勢を見ているのは自分と神さまだけでなく、実は同伴競技者となった仲間が最も厳しく見ていることを決して忘れてはならない。クルマの運転もゴルフのプレーも自己責任によるセルフプレーだから、性格のみならず人間性まで物の見事にムキダシにしてしまうのだ。

 

お座敷ゴルフ

「お座敷ゴルフ」という言葉を聞いたこともない人が増えてきたに違いない。これぞガラパゴス化の代表といえるかもしれないが、日本のゴルファーを決定的に駄目にした根源なので多くの人に知ってもらいたい。そもそも「お座敷」が日本固有の文化だから外来スポーツ文化のゴルフと馴染むわけないが、見事に融合させたところに強烈なインパクトがある。「お座敷」はもっぱら政財界人の商談の場、密談の場として利用されてきたが、それ以前は旦那衆の遊びの場として利用されていた。遊びの場を商談の場、密談の場として利用するとはスマートといえばスマート、ウサンクサイといえば限りなくウサンクサイ。評価はともかく日本の経済成長に大きく貢献したことは事実なのだ。

 

しかし、日本のゴルフ文化にとっては成長どころか堕落に貢献した。そもそもゴルフは遊びにしろ競技にしろ自己責任・自己審判を大原則に成り立っている。エチケットから始まって状況判断・クラブ選択・結果責任・規則裁定を全て自己責任で進めなければならないのがゴルフだが、その大半をキャディに委ねたのが「お座敷ゴルフ」の姿だ。お座敷なら仲居や芸者が果たす役割をコースではキャディが一手に引き受けてくれる。OB・バンカー・距離・目標・風向・安全確認から、クラブ選択・ルール裁定・処置方法、さらにはボール探し・バンカーならし・グリーン修復・パットライン指示・旗ざお持ち・ボールマーク・ボール拭き、おまけに慰めと励ましの言葉もかけてくれる。

 

欧米豪州なら大統領といえども全てを自己責任で実行するが、それをセルフプレーという。いい加減なことをすればゴルファー以前に人間性や大統領の資質まで疑われる。お座敷ゴルフで育った日本のゴルファーは欧米諸国の人とまともにゴルフはできない。特に政財界のみならず民間の要人ともゴルフはしない方がいい。交流以前に人格を疑われては元も子もない。日本のゴルフがガラパゴス化していることは、外部環境に触れて初めて分かることだが、ガラパゴス島で育ってしまうと結構居心地が良くて「コレはコレでいいんじゃない?」と思ってしまうところが落とし穴だ。

 

周りの空気が読めない人のことを「KY」と言うらしいが、今や日本全体が外国からKYといわれているような気がしてならない。ゴルフエチケットの基本理念は 1.安全に対する配慮 2.他のプレーヤーに対する配慮 3.コースに対する配慮と全て周りの空気を読むことばかり。お座敷ゴルフはその全てをキャディに委ねてしまったところに問題があった。キャディ教育ばかり熱心にして肝心のゴルファー教育をしてこなかったことは、ゴルフの基本精神からしても本末転倒だった。しかしゴルフは自己責任・自己審判のゲームである以上、ゴルファーひとり一人が自己責任で自分を教育しなければならないことも確かだ。

 

18ホールスループレー

欧米豪州でゴルフをした人はアウトとインの中間で昼食休憩を取った経験はないはずだ。通常アウトからスタートして9番を終わり、トイレかショップに用事がない限りクラブハウスに戻ることはない。9番と10番がクラブハウスから離れていることも多いから、トイレはプレー途中で用を足し、お腹が空いたら持参したサンドイッチ、バナナ、チョコレートなどを食べる。移動売店車が回ってきたら買って食べればいいし、愛想の良い売り娘が来たら無理して買って食べても良い。ゴルフはハイキングと同じだから、プレーしながらモノを食べてもエチケットやマナーを問われることはない。アリゾナ当たりでゴルフをするときは、5リットルくらい水を用意しないと生きては帰れない。料金を払ってスタートしたら、後は全て自己判断・自己責任でプレーするのが国際標準のゴルフスタイルなのだ。スターターは「グッドラック」と一言いうだけで、後は一切干渉することはない。

 

9ホールで1時間休憩し、酒を飲んだりご馳走食べたりして残り9ホールをプレーし、終わったらゆっくり風呂に入る「お座敷ゴルフ」は、日本固有のゴルフスタイルなのだ。日本のコースでは9ホール終わって調子が良いからこのままプレーを続けたいといってもほとんど許されない。問答無用で午後のスタート時間を告げられ、最低40分から1時間の休憩を申し渡される。だから日本のゴルファーは18ホールスループレーする体力も気力も備わっていない。一世代前のボビージョーンズの時代には、一日36ホール競技をしていたから18ホール終わって休憩と食事を取らないと体力が持たなかった。最近は9ホールで充分という人も出てきたが、現代人はそんなに体力が落ちたのだろうか。これは体力の問題より習慣の問題だ。欧米豪州でゴルフをする場合、日本人といえども18ホールスループレーが原則だから、疲れて休みたければ後続組に「少し休みたいので、お先にどうぞ」といえば気持ちよくパスしてくれる。実際には海外のゴルフコースで、途中疲れて休んでいる日本人ゴルファーの姿を見たことがない。疲れるどころか日本でプレーしている時より遥かにハツラツとした姿で、雨が降ろうが雷が鳴ろうが早朝から日没まで頑張っている。だから日本人は現地の人から「カミカゼゴルファー」と囁かれている。

 

日本固有の「お座敷ゴルフ」がいつから定着したか良く分からないが、私自身も外国人に指摘されるまで気が付かなかった。ただ周りがそうしていることと食堂売上を伸ばすためであることだけは解っていた。その国固有の習慣や環境を常識として受け入れていること自体をガラパゴス化というのではない。ガラパゴス化というのは、その常識が国内でも通用しなくなり絶滅の危機に瀕したとき初めて使われる表現なのだ。やがて「お座敷ゴルフ」を懐かしく思い出す時が来るのだろうが、ゴルフ場の絶滅だけは見たくない。